初めての仮想通貨.club

初心者がまず仮想通貨の基礎から学ぶべきこと

仮想通貨,ビットコイン,bitcoin

 

こちら「初めての仮想通貨.club」では、仮想通貨初心者の方、仮想通貨に興味のある方、仮想通貨とはなんぞや?と言う方達向けのWEBサイトですので、なにか変な情報商材をセールスする等は一切ありませんので、安心してご利用の程、お願い致します。

 

では、「初心者がまず仮想通貨の基礎から学ぶべきこと」をご案内していきます。

 

仮想通貨は、ビットコインだけに留まらず、他にも色々な仮想通貨(通称、「アルトコイン」と言います。)が存在しています。

 

仮想通貨の相場特徴として、価格変動が非常に激しいものがあります。
ここが魅力的であると、投資している人たちが多いのが実態と言えます。

 

仮想通貨と表現するとピンとこない方も多いかと思われますが、ビットコイン仮想通貨)と言葉を置き換えると「あぁー、あの最近話題の……」といったように気付くかと思います。

 

仮想通貨の存在感が増した背景には、知名度の向上で参加する投資家が増加していることが挙げられそうですが、既存の金融商品とは異なる制度、概念などに対する各国政府の規制なども関係があります。

 

本稿では、存在感を高めつつある仮想通貨、ビットコインを例として、読者の皆様が関心を持っていただけそうな「7つのポイント」について解説しつつ、乱高下している背景についても簡単に説明していこうと思います。

 

(注意点)

あやしいセミナーで「限定」などと言って、対面で一口何万円とかで売っているケースもありますが、あれは詐欺なので注意。
一言お伝えしておくと、LINEに登録してくれと、言うもの。
わたくしは登録しどんな展開をするか確認してみたところ、「完全無料」とか、「一切費用はかかりません」と言うものの、最終的(第一話から始まり、最終の第四話で)には、20〜30万円を当たり前のように、発表してきますので、騙されないようにご注意下さい。

 

ここのWEBサイトでは、取引所等のご紹介や仮想通貨を扱う上での初心者向けの情報等を紹介しているだけですので、安心してご利用いただければと言うことが一つと、自分で仮想通貨のことをより知識を深めようということを目的としていますので、一緒に勉強していきましょう!!

 

なお、仮想通貨は、ネット上の取引所でいつでも誰でも、最低1,000円以下から売買できます。

 

なので、情報商材屋がまだ非公開の偽仮想通貨を誘ってくるケースが、非常にネット上では目立ちますが、必ずネット上の取引所で買うようにしてください。
おすすめの取引所をご紹介させていただきます。

 

ご存知かと思いますが、ネットでは嘘も真意のように熱く語る方がいることが、とても迷惑なところということにも、ご注意をして下さい。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

 


2014年のように再び取引所が破綻する懸念は?

仮想通貨は、金融商品なのか?

仮想通貨はネット上でのみ存在している通貨(4月の改正資金決済法において、「決済通貨のひとつ」として認定された)で、発行母体(円であれば日銀など)は存在して。おりません。
日々と言うよりタイムリーに価格は上下しており、株や為替のように売買することが可能だが、金融商品の範疇には現在は入っていないところが現在(2017年9月27日現在)のところの特徴です。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

ビットコインを含め、仮想通貨は何種類あるのか?

世界では700から1000種類ほど存在すると言われています。
数字があいまいなのは、新しい仮想通貨が次々に誕生していることから、総数は把握できない状況だったりします。
時価総額は、ざっと15兆円とも言われるが、これらの仮想通貨のなかで最大の時価総額を誇るのがビットコインです(市場シェアは約4割といわれる)。

 

代表的なビットコインの売買はどこで行うのか?

日本国内であれば、ビットコインの売買を取り扱う取引所が10以上存在するので、それらの場所で売買が可能です。
日本の取引人口は、30万ー40万人とも言われます。
サイト管理者の個人的なお薦め取引所は、わたくし自身も利用している「コインチェック」が安心であると思います。

 

2014年に世界最大規模の取引所であるマウントゴックスが破綻したが、もし再び取引所が破綻しても、大丈夫なのか?

現在は金融庁が監督官庁です。
取引所は登録制の下、分別保管などルールを遵守したうえで、仮想通貨交換業を展開することになっています(注意:各取引所は9月末までの登録を目指している)。「破綻がない」とは言えないものの、投資家保護の施策は、2014年当時と比較すると、一定程度は進んでいます。

 

ビットコインは、どのようなときに上昇するのか?

2008年のリーマンショック後、欧州で債務問題が起こった際、債券など国の信用度合いとは関係がなく、決済などの面で使い勝手もいいビットコインに資金が流入する場面がみられました。
既存通貨(ドルやユーロ、人民元など)への信頼が低下した際、資金が流入するようなケースが多いです。
短期的には10万円幅で大きく調整している状況。

 

ビットコインの価格は非常に値動きが荒いと聞いたが?

今年の価格動向に関しては以下のとおりです。
2017年のビットコイン価格の変化は凄まじい!!

 

なぜなら、1月1日(仮想通貨市場は24時間、365日取引可能)の始値が1単位あたり11万5100円(フィスコ仮想通貨取引所の価格)。
3月までは10万円から15万円でのモミ合いとなっていたが、4月以降、価格はじりじりと上昇。
5月末から6月に乱高下した後、8月の分裂騒動を経て、9月2日には史上最高値56万5935円(同取引所の価格)をつけています。
チャートで確認すると、絵に描いたような上昇トレンドを形成。
ただ、下値を切り上げてはいるものの、短期的には10万円幅で大きく調整する場面が頻繁に見られます。

 

7月中旬にビットコインが急落したのは分裂騒動が原因。
この騒動をシンプルにまとめると、ビットコインの運営(主に手数料)をめぐる派閥争いだったと言えます。
事業者が自分に有利な運営を推し進めたかったことで議論は平行線を辿りました。
結局、折衷案に落ち着いたものの、我慢できなかった一部の事業者が独自コインである「ビットコイン・キャッシュ」を誕生させたと言う流れになります。

 

結局、ビットコインも新しく誕生したビットコイン・キャッシュも価格が上昇したことから投資家サイドからすると一見問題がなかったように見えるが、これは「結果オーライ」なだけで、今回の騒動で投資家(ユーザー)は蚊帳の外でした。
今後、再び分裂する際は、ユーザーサイドへの配慮などが大きな課題となりそうです。

 

中国の規制強化の動きは、仮想通貨にどう影響するのか?

ビットコイン誕生以来、最大の「仮想通貨危機」ともいわれた分裂騒動を何とか乗り切ったわけだが、足元では中国の存在感が大きく意識されています。
9月4日に中国で仮想通貨やトークンを利用した資金調達の一種であるICO(Initial Coin Offering、イニシャル・コイン・オファリング)の規制について当局から表明が出され、ICOによる資金調達が禁止されることとなりました。

 

中国の規制では、今後予定されていたICOだけでなく進行中のものも停止され、さらにはすでに終了しているものについても調査される予定だと言われています。
中国当局はいかなる機関もトークンを取り扱うことがないよう、監視を強化するようだ。また、中国当局は仮想通貨取引所の閉鎖も命じています。

 

このように中国当局による規制(禁止含む)強化で、ビットコインの価格は何度も急落する場面が見られました。
今後もこのような局面が訪れる可能性が大きいほか、中国以外、米国や欧州などの当局のスタンスも注目となりそうです。

 

各国の規制強化は、マネーロンダリングを防止する一環との見方だが、ビットコインなど仮想通貨を取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。
ビットコインは、こうしたニュースが伝わるたびに乱高下を繰り返しそうです。
変動率が高い相場環境を好むトレーダーからすると魅力ある市場だが、ビットコイン決済での利用を検討しているユーザーからすると安定感に欠けることから、使い勝手は悪いと言われています。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

今年中に再分裂の動きも?

なお、ビットコインは、今年中(一説には11月とも)に再び分裂する可能性があるとされています。
理由は、7月末に妥協した際の折衷案に、11月分岐することが盛り込まれていたという説が有力です。

 

再分裂する可能性は高いが、市場ではさほどネガティブ材料視されていません(そもそも分裂する意味はないとの見方)。
8月に起こったハードフォーク(ビットコイン・チャイナ誕生)よりも、リスクは低いと今のところ見られています。
ただし、やはり今後の価格動向や関連ニュースには注意が必要であると思われます。

 

そこで、ここのWEBサイトでは、参考情報を更新していきたいと思いますので、是非「ブックマーク」をお勧めいたします。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin